[VOL.6]カメラバッグのDSLRについて

ハイスペックバッグブランドのBLACK EMBERが提案するカメラバッグとは?
どんな特徴があるのか?どんな人におすすめか?写真を見ながら詳しく解説していきます!

【どんな特徴があるか?】

①バックパックとカスタム可能

まず特筆すべき点は、他のカメラバッグと違ってバックパックとカスタムできることが前提に作られていること。単体でも使うことができますし、バッグパックの中に仕込むことでトップローダーバッグに変化します。

 トップローダーバッグの意味から説明していきますよ!

トップローダーバッグとは、カメラにレンズを装着したまましまうことができるバッグのことです。クッションが入ってるのでカメラを保護したまま、スタンバイ状態を保つことが出来ます。

そのため一眼レフなどレンズの着脱するカメラにとってもおすすめ。いざシャッターを切りたい瞬間にカメラが準備出来ていないと残念ですよね。このカメラバッグであれば、取り出すのもしまうのも簡単なため、常にクリエイティブな状態でいることが出来ます。

②普通のカメラバッグとしても優秀

バッグパックの中に取り付けなくても、ショルダー付きのカメラバッグとして使用することが出来ます。WPRTにはHANDLEつきなのでハンドキャリーもできます。また流石はブラックエンバー。別売りのストラップをカスタムすることで、三脚や小物を取り付けて運ぶことも可能です。カメラ以外にもバッテリーや他のレンズなど必要備品を収納できるスペースがあります。
ショルダーも薄く、軽い質感で、横幅もあるので肩の食い込みを軽減してくれます。

③安心の防水力

BLACK EMBERといえば高い防水力。外側は800Dの3層MICROHEX TEXTILEの生地をレーザーカットで切り出し、独自のBOND-STITCH™構造で縫製しているので、横殴りの雨ぐらいには負けません。大切なガジェットを守るよう、内装に使用されているクッションも肉厚です。

 

【どんな人におすすめか】

①一眼レフなどレンズの着脱するカメラをよくつかう人におすすめ

トップローダーを存分に活かすならレンズの一眼レフカメラで。高い機材をしっかり保護してくれます。

②CITADEL /WPRTを使っている人におすすめ

もともとカスタムできるようにデザインされているので、揃えてももちろんかっこいい。取り付け方に関してはまた解説しますね。

③雨に濡れるような躍動的な写真を撮りたい方におすすめ

カメラはとにかくラフに、雨天も関係なく持ち歩きたい方に。ロケーションを決めて、しっかり事前準備を整えるのも素敵ですが、自分はいつでも持っていって、写真たくさん撮りたいっていう方には防水力の高いカメラバッグがおすすめです。自由にカスタムできる点も気に入ってもらえるはず!

以上BLACK EMBERのカメラバッグでした。
数も残り少なくなってきているため、購入希望の方はお早めに…!
スマホの写真もいいですが、よりクリエイティビティに富んで自由度の高いカメラで、素敵なカメラライフを。

CITADEL DSLR(No.7219024)

CITADEL DSLR – BLACK EMBER (shopifypreview.com)

WPRT DSLR(No.7219028)

WPRT DSLR – BLACK EMBER (shopifypreview.com)